Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

面接でメモを取る男性

採用ナレッジ

【採用で優れた人材を見極めるポイント】選考時の注意点と合わせてご紹介

企業の成長や発展には、良い人材が欠かせません。そして、良い人材を獲得するためには、採用担当者の判断が大きなカギを握ります。そのため、採用担当者にとっては大きなプレッシャーでもあり、やりがいでもあるでしょう。今回は人事担当者の方のために、求職者を見極めるポイントや採用時の注意点について解説します。

優れた人材を見極めるポイントは大きく分けて3つ

採用時に応募者が優れた人材かどうかを見極めるポイントは、大きく分けて次の3つです。

  1. 性格・中身
  2. スキル・技術
  3. 志望度

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポイント1:性格・中身

性格・中身を見極める判断材料は、コミュニケーション能力や実行力、責任感、協調性、粘り強さなどさまざまです。特にコミュニケーション能力については、ただ人付き合いがうまければいいというわけではありません。自分の考えを正確に伝えられるのか、相手の考えを推し図ることができるのかなど、良い信頼関係を築けるかという部分まで含めて判断します。

また、社会人として法令や社内規範などをきちんと守れるか、仲間との良い関係を築けるか、責任を持って前向きに行動できるかなど、面接の会話の中から探っていきましょう。

ポイント2:スキル・技術

経歴や資格、過去の経験業務などから、スキルや技術を評価しましょう。履歴書や職務経歴書だけでは、全容を把握することが難しいため、希望にあった経歴を持つ求職者がいれば、面接時にしっかりとヒアリングする必要があります。人事部から複数の選考責任者がいる場合、面接選考段階で必要な経歴を洗い出しておきましょう。
つまり、企業として即戦力を求めているのか、あるいは時間をかけて育てていく人材を求めているのかなどの採用側の認識や情報を共有しておくことも重要なポイントとなります。

ポイント3:志望度

求めるスキルがあっても、本人の熱意がなければ、その力を存分に発揮することも難しいでしょう。そのため、求職者の志願度もポイントです。志望動機を質問するだけでなく、採用後のビジョンや会社に対して聞きたいことがないかの逆質問、自己PRなどで見極めていきましょう。給与面や通勤面などの条件だけで応募したようなケースを排除し、より志願度の高い人材を採用することは企業の利益につながります。

採用活動時に注意しておきたいポイント4つのポイント

人材を見極めるポイントは前述のとおりですが、その人材をしっかりと見極めるために、企業側ではどのようなことに注意すべきなのでしょうか。こちらでは、採用活動時に注意すべき主な4つのポイントをお伝えしていきましょう。

選考基準の明確化

採用活動では、複数の社員が選考に関わることもありますよね。担当者によって採用の基準が違わないように、事前に選考基準を明確にしておくことが必要です。また、スキルやキャリアなど、求める要件の優先順位を共有しておくようにしましょう。

採用したい人物像の言語化

採用したい人物像について、事前に言語化しておくことも大切です。どのような能力・意欲・価値観・人柄が望ましいのかだけでなく、どのような仕事・事業に携わる人材を採用したいのかなど、具体的に言語化しておきましょう。

面接官は2名以上で

個々の捉え方によって、人材の評価や印象が大きく変わるため、2名以上の面接官で担当しましょう。面接担当者によっては評価が厳しすぎたり、甘すぎたりすることも回避され、運悪く不採用になったり、逆に運良く採用になったりという問題を避けることにもつながります。

質問する内容が適切かどうか

質問する内容がハラスメントに抵触しないかについてもポイントです。厚生労働省は公正な採用選考を各企業に求めており、家族に関することや宗教に関することなどの14事項を就職差別につながる恐れがある内容としてまとめていますので、あらかじめ確認しておきましょう。

厚生労働省 採用選考自主点検資料
引用:厚生労働省 採用選考自主点検資料 「採用選考時に配慮すべき事項 ~就職差別につながるおそれがある14事項~」より一部引用

まとめ:採用のポイントを押さえよう

求職者を見極めるポイントは、主に性格・中身、スキル・技術、志望度などがあげられます。エントリーシートだけではわからない部分を、面接でしっかり判断していきましょう。また、選考基準を明確化して共有し、本来採用するべき人材が不採用になるケースがないよう事前準備が重要になってきます。自社に合った採用方法で、会社にとって有益な人材を確保できるようにしていきましょう。

▼こちらのコラムもよく読まれています【人事・採用担当者様向け】

関連記事

  1. 採用ナレッジ

    採用パンフレットで囲い込む。入社意欲を高める構成とは

    会社説明会の時などに求職者に手渡されることが多い「採用パンフレット」。…

  2. 採用ナレッジ

    採用の質を上げる適性検査。テストの種類と外国人への対応

    新卒・中途採用のプロセスで実施される適性検査。書面やWebテストとして…

  3. 不足しているエンジニアをネットで探してくる男性

    採用ナレッジ

    エンジニアが足りない!採用できない理由と人材を見つけるコツとは?

    IT業界において、優秀なエンジニアというのはどんな企業が欲しがる貴重な…

  4. 採用ナレッジ

    採用には戦略が必須!同業他社に欲しい人材が流れない採用を

    採用活動するうえで戦略は立てられていますか?超売り手市場で競争相手が多…

  5. 採用ナレッジ

    主流の採用手法とは?各手法のメリットとデメリット!

    採用手法は多様化しており、様々な手法が利用できるようになりました。これ…

  6. 採用ナレッジ

    人材確保に活用すべき採用広報ツール10種を徹底解説!

    どのような採用広報を展開すればいいのか、悩んでいる経営者や採用担当のみ…

Service

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 人事向けコラム

    採用後のミスマッチはなぜ起こる?人材確保で失敗しない方法
  2. 人事向けコラム

    外国人は退職で支払済の年金がもらえないの?!脱退一時金をご紹介
  3. 採用ナレッジ

    採用広報で惹きつける!5つの手段とメリットを紹介
  4. 採用ナレッジ

    エンジニア採用が難しい理由。市場の状況&解決方法5選
  5. 外国人エンジニアと一緒に新たな採用チャネルを模索中

    外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアの確保は採用チャネルが肝!主な採用手法を紹介
PAGE TOP