Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

採用ナレッジ

就労ビザ申請代行とは?面倒なビザ申請を効率的に行う方法

外国人労働者のための就労ビザを取得するには、様々な書類を用意し、現地の外国人とやりとりをしなければならず、何かと面倒な工程が多いものです。そんな手間がかかるビザ取得を効率化するなら、就労ビザ申請代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。今回は、就労ビザ申請代行サービスに依頼するメリットや、おすすめの会社などを解説します。

外国人の労働に必要な「就労ビザ」

まず「ビザ」とは、外国人が日本国内に長期滞在をしたり仕事をしたりする際に必要な査証です。ピザは、来日の目的によって19個に分かれており、その中の1つが「就労ビザ」です。

就労ビザは国内で働く外国人を対象としたもので、従事する仕事の内容によって区分されています。就労ビザに記載されている仕事の内容と違う業務をしていたり、在留資格や在留期間が適正に発行されていない状態で働いたりしていると、「不労就労」とみなされてしまいます。

就労ビザ申請代行サービスとは?

外国人労働者の雇い入れに必要不可欠な就労ビザですが、発行には書類の準備や現地の外国人とのやりとりなど面倒なことがたくさんあります。

そんな複雑で面倒なビザ申請を一手に引き受けてくれるサービスが「ビザ申請代行サービス」です。サービスを利用すればビザの申請から発行までを全て任せられるので、余計な時間をかけずに雇い入れる外国人の就労ビザを手に入れられます。

就労ビザ申請代行サービスを利用するメリット

 

「ビザ申請代行サービス」を利用するメリットはなんといっても手間の削減です。サービスに申し込めば、ビザ申請から発行に関わる全ての業務を委託できるのでその分の空いた時間を別の業務に当てられるのです。

さらにサービスを提供している会社は、豊富なノウハウや多言語に対応したプロのスタッフを揃えています。彼等に任せれば、申請時のトラブルで就労ビザ取得が遅れるリスクが軽減される点も大きなメリットと言えるでしょう。

代行サービス会社を選ぶ時の3つのポイント

数多くのビザ申請代行会社から、信頼できる会社を選ぶには3つのポイントが重要です。それの3つとは、「実績」「適正価格設定」「サービス内容」です。それぞれ、依頼前にチェックしておきたい点を解説するので会社選びの参考にして下さい。

ビザ申請代行の実績・経験が豊富か

ビザ申請はただ形式通り書類を提出するだけではなく、対象毎に異なる繊細な行動ややりとりが求められます。会社を選ぶ際には、その会社がビザ申請代行の実績、実際の申請までの流れなどを質問して本当に経験が豊富な会社なのかを見極めましょう。

適正な料金設定が明確に提示されているか

ビザ申請代行にかかる費用が、極端に相場金額より高かったり低かったりする会社には注意しましょう。安すぎるとサービスが充分ではない可能性もあります。

また、追加料金やオプション等の価格の説明が充分か、業務契約書を事前に作成してくれるかなどを相談時に細かく確認しておきましょう。

企業・労働者のことを考えたサービスを提供しているか

外国人の雇い入れ時、ビザ申請は非常に重要なプロセスです。特に初めてビザ申請を行う会社は発行まで多くの疑問や不安を持つでしょう。ビザ申請代行サービスに依頼を検討するときには、粗雑な対応されていないか、高圧的な説明を受けていないかを冷静に見極めることが重要です。そして企業と外国人労働者に寄り添ったサービスを提供してくれるかを判断しましょう。

おすすめの就労ビザ代行サービス3社比較

 

それでは、上記のポイントを押さえた上でお勧めの就労ビザ申請代行サービス会社を3社ご紹介します。どの会社も評判が良く就労ビザ許可率も高いので依頼先選びの参考にしてください。

行政書士法人jinjer

「行政書士法人jinjer」は、申し込みから申請までのスピードが早いことで人気を集めています。最短5日というスピーディな対応を受けられるので、急ぎでビザ申請をしたい人にはうってつけです。さらに、万が一不許可だった場合には費用の支払いは不要。余計なコストがかかる心配もありません。

C. S. AND P. 行政書士事務所

「C. S. AND P.行政書士事務所」はビザ許可率の高さに定評があります。ビザ申請というだけではなく、労働者や企業の背景まで分析して、総合的な提案やサポートを行ってくれるので初めてビザ申請を行う企業とって非常に頼れる存在となるでしょう。必要なオプションサービスの価格設定が明確な点も安心して利用できるポイントです。

外国人雇用&就労ビザ相談センター

「外国人雇用&就労ビザ相談センター」は、ビザ申請許可率なんと99.7%を誇る優良就労ビザ申請代行会社です。世界30カ国以上の就労ビザ申請実績があるため、どんな国の外国人を雇う入れる際にも強い味方となるでしょう。こちらの会社でも、ビザ申請が不許可だった場合には返金保証が用意されています。

まとめ:就労ビザ申請代行サービスで効率的な就労ビザ取得を

  • 外国人が国内で働くには就労ビザが必要
  • 就労ビザ申請の手続きは複雑で時間がかかる
  • ビザ申請代行サービスは就労ビザ取得のプロフェッショナルである

外国人が国内で働くために必要な就労ビザは、手続きが複雑で手間と時間がかかります。就労ビザ申請に余計な時間をかけるよりも、その分の時間を雇い入れる外国人へのサポートや体制を整えるために使ったほうが有意義ですよね。就労ビザの申請はビザ申請代行サービスに依頼して、プロの手腕に任せましょう。

関連記事

  1. 採用ナレッジ

    システムエンジニアの評価シートづくり。意欲を上げて育成しよう

    システムエンジニアに対する評価基準シートは適切に作られていますか?面接…

  2. 採用ナレッジ

    新卒・中途採用にかかるコストはどれくらい?削減方法も紹介

    年々上がる採用活動費ですが、できることなら採用活動費は抑えていきたいで…

  3. 採用ナレッジ

    採用にはLPが有効!基本の構成と事例4選

    母集団形成や求職者の入社意欲を高めるために、採用向けのランディングペー…

  4. 採用ナレッジ

    母集団形成できていますか?6つの方法と外国人採用について

    日本国内の採用マーケットは売り手市場が続き、企業は採用計画の充足や優秀…

  5. 採用ナレッジ

    採用広告で募集!外部サービスも使って費用対効果を上げよう

    IT分野の市場規模が拡大する中、人手不足の背景もあり人材の獲得競争は激…

  6. 採用ナレッジ

    人材確保に活用すべき採用広報ツール10種を徹底解説!

    どのような採用広報を展開すればいいのか、悩んでいる経営者や採用担当のみ…

Service

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 1人で作業するエンジニア

    人事向けコラム

    ITエンジニアの人口は今後どうなる?【現状・予測・対策】
  2. 採用ナレッジ

    エンジニアの中途採用で即戦力を見抜くには?3つのチェックポイント
  3. 企業インタビュー

    住宅ローン×ITのリーディングカンパニー・株式会社MFS。事業内容や特徴、求人・…
  4. 人事向けコラム

    【人事部必見】採用サイトのコンテンツで求職者をファンにする方法
  5. 中小企業にきた外国人エンジニア

    外国人採用ノウハウ

    中小企業こそ外国人採用をすべき!その3つの理由とは
PAGE TOP