Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

人事向けコラム

新卒・中途・外国人の採用時期はいつが良い?市場や動向を把握しよう

今まで採用市場では新卒採用と中途採用が活発になる時期が異なっていました。しかし、昨今では新卒一括採用から通年採用へ切り替えている企業が増えており、新卒採用が活発な時期が変わってきています。また、留学生や外国人の採用が活発化してきているため新卒採用、中途採用とは別に採用時期が活発化する時期が出てきました。本記事では、今後採用活動において把握しておきたい採用の活発な時期や採用市場のニーズについてご紹介します。

なぜ新卒と中途で採用時期が違うのか

採用市場を把握しておかなければ母集団形成だけではなく、求める人材の確保につながりません。
新卒採用、中途採用、外国人採用で採用市場が異なるためそれぞれの市場の特性と活発化する時期を把握しておきます。

  • 新卒採用…経団連の就活指針により経団連加盟企業の就職広報開始日や選考日が変わるので注意しなければなりません。
  • 中途採用…応募者が多くなる時期や他社の募集が増える時期がある程度決まっているため、その時期を見計らって募集を出す必要があります。
  • 外国人採用…どの国の人材を獲得するのかにより、学校の卒業月が変わるので念入りに調査したうえで募集をかけなければ採用が難しくなります。

採用手法としてインターネットが普及してから、採用市場がめまぐるしく変化していることから常に最新の情報を入手できるようにしておきましょう。

新卒採用の場合

新卒の時期は経団連の就活指針によりスケジュールがある程度決まっています。

▼経団連加盟企業の就職活動スケジュール
※2020年4月入社の場合

①2018年夏~2019年3月頃まで…インターンシップ参加

②3月1から…リクナビがオープンして就職活動開始

③2019年10月1日…内定式

④2020年3月までには内定

②以降に企業が説明会やエントリーの受付や会社説明会が始まり4月から選考が開始されるため、早い企業は6月に初旬に内々定が出ます。一方で経団連に加入していない企業や外資系企業、通年採用を導入している企業は上記のスケジュールに関係なく募集と選考を行なっています。

今後、優秀な人材を獲得したい企業は通年採用を次々導入していくことが予想されるため、経団連加盟企業のスケジュールは形骸化される可能性があります。

中途採用の場合

中途採用はポジションが空いた時に欲しい人材を採用する通年採用ですが、応募希望者が増える時期(企業の求人が増える時期)が年間を通じて2回あります。

▼中途採用が活発になる時期

①9月、10月…上期、下期の切り替えの企業が多い

②3月、4月 …新年度に向けて切り替わる時期

①は上期の流れを受けて事業計画の見直しと新入社員の欠員募集がかかる時期で、10月入社を目標に募集をかけています。10月は海外の大学を卒業した人を受け入れる時期であるため、一緒に研修を受けて活躍してもらおうという企業内の事情があります。

②は3月決算を終えて心機一転新しい企業に行きたい人や、内定辞退が出て欠員募集を行ない4月 にまとめて研修を行なうために募集をかけています。このように、期の変わり目や新年度に入る前に転職活動が活発になる傾向があります。

外国人採用の場合はどうか

外国人採用で気をつけたいのは採用する応募者の出身国によって就職活動をするタイミングが異なることです。

▼アジア圏の卒業時期

  • ベトナム…1月、3月、6月、3回に 分かれているが卒業時期がずれることがある
  • 中国・台湾…7月卒業
  • 韓国…2月

ただし、アジア圏は旧正月に一度帰国してしまうことがあるため余裕を持った採用活動を行ないましょう。

また、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ロシアは7月卒業です。各国に拠点を持っている企業ではすでに現地採用を積極的に行なっています。ちなみに日本にある日本語学校は四半期毎の3月、6月、9月、12月に卒業する機会があり、海外にある日本語学校の卒業サイクルとは異なるため、日本語を話せる人を希望する時は現地の日本語学校の卒業時期を調べておきましょう。

まとめ

外国人の採用にも力を入れたい場合は、海外の学校卒業時期や就職活動のサイクルをよく調査しましょう。また、採用を決めた後のビザの取得や衣食住の確保にかかる時間を考慮したうえで内定者フォローを行なうことも必要です。

現在は日本人の新卒・中途だけではなく、優秀な外国人人材の争奪戦も起きています。内定後の手続きが遅くて他社に獲られてしまう、手続きミスで内定辞退されることがないように、内定後の手続きや準備も採用計画と採用スケジュールに入れておくと、直前になって手続きでバタバタすることがなくなります。

▼タレントハブでは外国人・エンジニア採用を支援しています。

外国人エンジニア採用のサービスページへ

▼こちらのコラムもよく読まれています【人事・採用担当者様向け】

関連記事

  1. 人事向けコラム

    マネジメント研修の内容は?組織を強化し採用も有利にしよう

    少子高齢化による労働力不足が深刻化する中で、サービス系やIT系の企業は…

  2. 人事向けコラム

    実録!POLO(フィリピン海外労働事務所)とのやり取り体験記

    海外から高度人材を採用する場合、通常は日本国内の就労ビザ取得手続きだけ…

  3. 人事向けコラム

    在留資格手続きのオンライン化が始まる!事前申出の方法とは?

    在留資格手続きが2019年7月よりオンライン化されましたが、開始間もな…

  4. 人事向けコラム

    エンジニアの需要予測。2020年問題と人材獲得について

    求人情報を出してもエンジニアが集まらない…。さらに、IT業界の成長はと…

  5. 人事向けコラム

    エンジニアの開発環境は大丈夫?定着させるための改善ポイント

    エンジニアの定着率アップさせ、長く働いてもらいたい希望はあるものの、具…

  6. 人事向けコラム

    ベトナムと日本の仕事文化の違いとは?ベトナム人の特徴を解説

    働き手不足解消のためにベトナム人を採用しようと考えている経営者や、人事…

Service

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 人事向けコラム

    韓国人エンジニアは優秀?仕事観と知っておきたいポイントを解説!
  2. 外国人採用ノウハウ

    外国人採用に積極的な企業の事例4選【ITエンジニアや観光業など】
  3. 外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアの採用費はいくら?相場感を踏まえた今後の展望について
  4. 人事向けコラム

    エンジニアにも英語力が必要?事業展開に合わせて英語力のある人材を採用しよう
  5. 人事向けコラム

    採用後の必要書類と手続き。外国人のケースも紹介
PAGE TOP