Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

人事向けコラム

メンター制度の事例3社。組織を強くする各社の取組みとは

新入社員の受け入れ体制として、OJTやシスター・ブラザー制度、メンター制度などがあります。その中で、メンター制度とはどのような制度なのでしょうか。また、メンター制度を導入している企業がどのように活用しているか、ご紹介します。

メンター制度について

メンター(Mentor)とはメンタリング(Mentoring)における指導者のことで1980年代にアメリカで人材育成の方法として確立されました。

ではメンター制度では具体的にどのようなことをするのでしょうか。
メンター制度では、メンティー(新入社員)が職場や仕事に関する悩みをメンター(先輩社員)に話して解消を図る面談を行います。気軽に相談しやすいように、メンターは基本的にメンティーと年齢の近い他部署の人が選ばれます。メンターに選ばれた人は、ヒアリング方法や悩みや課題の解決手法を事前に研修で身につけることが必要です。離職率を低くするための新入社員教育。後輩社員との関係構築の場として中堅社員教育にも実施されます。

定期的にメンターとメンティーが面談することにより、職場での不安材料を取り除き(メンタルケア)定着率を向上させるだけでなく、成功体験を積んだ先輩の姿を見ることで「こういう風になりたい」という希望やキャリア開発において選択肢を広げることができます。

高島屋

高島屋ではシフト制ゆえOJTが機能しなくなってきていること、社内コミュニケーションが希薄になっていることが課題になっていました。
そこで、入社4年目の社員をメンティー、入社10年目前後をメンターにすることで、実践力と応用力を併せ持つ人材の育成を目的としてメンター制度を導入しました。
まず、メンター制度を導入する前にメンタリングスキル研修の実施、「メンター制度実施の手引き」やメンター同士のネットワークを構築してメンター制度の仕組みを整えてから実施しました。
メンター制度を導入したことで、「他部署の話が聞けてキャリアを考えられるようになった」という声もあがっています。

株式会社メルカリ

メルカリでは新入社員に必ずメンターが付きます。
メンターは新入社員研修にも参加してペアになって、ワークショップを行います。
ワークショップでは自己紹介や人生で一番感謝していること、自分がどのように人生を歩んで来たのか、メルカリに入社した理由や挑戦したいことなどを仕事に関する価値観を互いに共有します。また、外国籍の新入社員が多いため日本で働く上で直面した課題や、社内のサポート状況などをディスカッションします。

さらに、メルカリには会社で社員同士のコミュニケーションを活性化させることを目的にランチ代を補助する制度があります。
その1つに「メンターランチ」があります。これは、新入社員が1週間メンターと一緒に、あらゆる部署の既存社員がランチを取りながらコミュニケーションを取り職場に馴染めるようにサポートしています。

資生堂

資生堂が導入しているメンター制度は「リバースメンター制度」です。
リバースメンター制度では、メンティーは社長や執行役員を含む20人で、メンターは若手社員が行っています。
このリバースメンター制度は4つの目的で導入されました。

  • IT領域でベテランにノウハウを広げる
  • 社内のコミュニケーション活性化
  • 若手のコミュニケーション能力向上
  • 上司はマネジメントされる気持ちを理解することで指導や育成のスキルアップ

このようにリバースメンター制度により、社内のコミュニケーション活性化と人材育成で活用されていることがわかります。

まとめ

ご紹介したようにメンター制度は会社の目的に合わせて工夫して導入することで、社員のメンタルケアすることでより盤石な組織作りができます。とくに文化の違う外国人社員に実施することで、文化や生活習慣の違いやサポートして欲しいことを共有できます。

関連記事

  1. 人事向けコラム

    外国人の本音にせまる!日本で感じる良いところ・悪いところとは?

    厚生労働省がまとめた「外国人雇用状況」の届け出状況によると、2018年…

  2. 人事向けコラム

    ストレスチェックの対象者とは?雇用形態によっては外国人も対象

    仕事のボリュームや納期、職場の人間関係などストレスを抱えがちな労働者。…

  3. 採用活動を始めたが、応募者の確保が難しいと感じている人事担当者たち

    人事向けコラム

    採用が難しい!上手くいかない理由と会社を知ってもらう方法をご紹介

    採用が難しくなり、優秀な人材の確保の難易度が上がっていることは、現場の…

  4. 人事向けコラム

    転職回数で採用判断はもう古い?日本と海外ではこんなに違う!

    従来の日本の採用事情では、転職回数が多い候補者は採用を見送られがちな人…

  5. 人事向けコラム

    外国人人材の住環境整備に「社宅」を検討しよう!

    外国人を社員として受け入れる際の住まいとして考えたい選択肢が社宅。…

  6. 人事向けコラム

    外国人にも住民票は発行される!マイナンバーとの関連や手続きもご紹介

    公的あるいは民間の手続きで提出する機会が多い住民票は、外国人も対象とな…

Service

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 人事向けコラム

    外国人雇用でも年金手帳の確認を。番号の調べ方や加入の手続きについて
  2. タスクを整理する女性

    人事向けコラム

    エンジニアなら知っていて当然?タスク管理の方法と便利ツール5選
  3. 人事向けコラム

    【人事必見】改めて把握したい休暇の種類。法定・特別の違い
  4. 人事向けコラム

    採用ブランディングとは?差別化とミスマッチ防止で人材を獲得
  5. 採用ナレッジ

    採用アプリで人材獲得。スマホ時代における国内・海外の事例6選
PAGE TOP