Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

人事向けコラム

人材紹介のメリット&デメリット。ニーズに合わせて利用しよう

通常業務に追われて採用活動に時間を割けない。また、急ぎで人材を確保したい場合は、人材紹介サービスの利用がおすすめです。人材紹介サービスを利用すれば、採用に関する実務負担が軽減できるだけはなく、細かな採用ニーズへも対応してくれます。今回は人材紹介について、その種類やメリット・デメリットなどを解説していきます。

人材紹介とは

人材紹介とは、企業に求職者を紹介するサービスです。求人情報を掲載して求職者からの応募を待つ「求人サイト」と異なり、求職者が人材紹介コンサルタント(転職エージェント)と相談しながら応募先を決め、企業は自社で求める人材をコンサルタントに細かく伝えて紹介を受けます

サービスには、自社のデータベースに登録された求職者から該当する人物を探す「一般紹介・登録型」と、他者のデータベースやSNSなど様々な媒体から候補者を探す「ヘッドハンティング型」の2種類があります。基本的には「採用が決まった時に手数料を支払う」タイプの成功報酬型の料金体系が主流となっています。

人材紹介を使うメリット/デメリット

それでは、人材紹介サービス利用において押さえておきたいメリット・デメリットを解説します。

メリット

人材紹介を利用することで得られるメリットは、やはり人事部の業務量や手間の削減です。
人材紹介では、企業にマッチした人材を見つけてきて終わり、ということは無く求人票の作成面接日の調整など人事部が行わなければならない作業も担ってくれます。そのため、採用に関する仕事に時間を割く必要が無くなり、働いている社員に負担をかけずに人材を確保できるのです。

また、競合他社や自社の社員に求人状況を知られたくないという場合もあるでしょう。人材紹介サービスを利用すれば「非公開求人」の設定もできるため、条件に合った求職者しか見れない状態で人材を選出できます。
自社の業界・業種に適した人材紹介サービスを選んで利用すれば、非公開求人であっても求める人材が見つかるでしょう。

もう一つの見逃せないメリットは人材紹介のほとんど「成功報酬型」である点です。求人を行い、人材を確保して初めて手数料が発生するので「人が見つからないのに高い料金を支払い続ける」という無駄を削減できるのです。

デメリット

一方、人材紹介を利用するデメリットですが、まずは採用された人材やかかった工数分、費用が増えていくという点です。コストの概算は事前にしっかり確認して予算を越えないように注意しましょう。

また、採用に関するほとんどを人材紹介サービスに任せてしまうため自社での採用ノウハウが蓄積されないのもデメリットの一つに挙げられます。

エージェントの種類

人材紹介エージェントには、業種や職種、ジャンルなど様々なカテゴリーに特化したサービスが存在します。代表的な人材紹介エージェントを紹介するので、自社の求める人材に合ったサービスを利用しましょう。

リクルートエージェント

業界最多数の求人を取り扱うリクルートエージェントは転職や中途採用に強い人材紹介エージェントです。担当とアシスタントという2人体制で求職者のフォローをするため、自由に時間を作りづらい転職・中途採用者が安心して利用しやすいサービスとなっています。求職者と企業のブリッジとして密な連絡をとってくれます
公式サイト:リクルートエージェント

neo

neoは新卒向けの人材紹介エージェントです。とくに、文系学科の支援実績は業界内でもトップクラスです。新卒紹介のパイオニアともいわれているからこそ、安定した新卒紹介実績を誇っているのでしょう。
現在では地方大学や体育系大学などからも幅広く人材を確保し、新卒紹介の幅を広げています。
公式サイト:neo

イマジカデジタルスケープ

イマジカはゲーム業界やweb、映像業界などクリエイティブ系の人材紹介に特化したエージェントです。求人提案や丁寧なサポートはもちろん、機材の優待購入などさまざまな特典が用意されているので、クリエイター希望の求職者が多く登録しています。
公式サイト:イマジカデジタルスケープ

TalentHub(タレントハブ)

タレントハブは日本で仕事を探している外国人エンジニアと企業を繋ぐ人材紹介エージェントです。無料の求人情報翻訳やコーディングテストの導入など、効率的に外国人エンジニアを採用できサービスを多数展開しています。

TalentHub(タレントハブ)のサービスを見る

まとめ

複雑化する企業のニーズや求職者の希望をマッチングさせるため、業種や外国人採用など特定の分野に特化したサービスが提供されています。効率的に求める人材を見つけるために、自社の希望に合った条件や業種に特化した人材紹介エージェントをうまく活用して行きましょう。

▼こちらのコラムもおすすめです

関連記事

  1. スキルアップのために打ちあわせをするエンジニア

    人事向けコラム

    エンジニアのスキルアップのために!雇用する企業ができる施策5選

    IT系のエンジニア、技術者・開発者の人材不足解消のために注目される外国…

  2. 人事向けコラム

    ダイレクトリクルーティングとは?採用力を高める手法を知る

    国内における採用活動の場で、ダイレクトリクルーティングという採用方法が…

  3. 1人で作業するエンジニア

    人事向けコラム

    ITエンジニアの人口は今後どうなる?【現状・予測・対策】

    いまやITと日常生活は密接に関係しており、現在もその流れは加速していま…

  4. 人事向けコラム

    採用後の必要書類と手続き。外国人のケースも紹介

    採用に必要な書類は、入社前、入社時、入社後の3つの段階で異なります。ま…

  5. 人事向けコラム

    エンジニアにも英語力が必要?事業展開に合わせて英語力のある人材を採用しよう

    社内のグローバル化や海外進出を狙うIT関連企業が増加する中で、エンジニ…

  6. 人事向けコラム

    ストレスチェックの対象者とは?雇用形態によっては外国人も対象

    仕事のボリュームや納期、職場の人間関係などストレスを抱えがちな労働者。…

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 人事向けコラム

    【人事必見】改めて把握したい休暇の種類。法定・特別の違い
  2. 採用ナレッジ

    採用広告で募集!外部サービスも使って費用対効果を上げよう
  3. 外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアをスカウトしよう!例文やポイントを紹介
  4. 採用ナレッジ

    採用パンフレットで囲い込む。入社意欲を高める構成とは
  5. 採用ナレッジ

    採用はSNSで始める!ソーシャルリクルーティングのメリット
PAGE TOP