Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

人事向けコラム

グローバル人事とは?概要と制度構築のポイントを解説

グローバル人事とは、優れたグローバル人材を獲得し、活用するための多様性に対応した人事制度のこと。グローバル化が進み、多くの日本企業が事業の海外展開を推進する中で、グローバル人事の重要性は年々高まっています。

今回は、グローバル人事の意義や重要性を解説したうえで、制度構築のポイントも紹介します。既に海外事業を展開している企業はもちろん、これから海外展開を進める企業の方も、ぜひ参考にしてみてください。

グローバル人事とは

海外進出のための人事の仕組みという印象が強いグローバル人事。詳しい内容を見ていきましょう。

国境を越えた人材のマネジメント方法

グローバル人事を一言で表すなら、国境を超えて人材をマネジメントする制度です。海外展開を行う企業は、現地の拠点ごとにローカルな人事制度が設けられているケースが少なくありません。これに対し、全世界で多様性に対応できる基準のもとに構築された、人材の登用や育成、評価などの仕組みのことを、グローバル人事といいます。

現地で採用する現地人事を作ることも

海外人材を多く確保し、国際的な競争力を高めるため、現地で人材を獲得する現地人事も積極的に行われています。特にアジア新興国などでは、ITやインフラの分野で著しい発展する傾向が顕著に表れており、今後は展開先の拠点で、現地人材の採用の流れが加速していくことが予想されるでしょう。

なぜグローバル人事が重要なのか?

グローバル人事制度の整備によって期待できる効果は2つ。
1つ目がグローバル人材不足の解消
2つ目が海外人材のパフォーマンス最大化です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

グローバル人材不足の解消

グローバル経済に対応するためには、海外人材の確保が急務とされています。多くの日本企業では、グローバル人材が不足しているのが現状であり、そのグローバル人材の採用・育成を進めるため、世界基準での人事制度が求められているのです。

海外人材のパフォーマンス最大化

外国へと事業展開をおこなっている企業の海外拠点では、日本人よりも現地外国人の社員が多数を占めているケースが多くなっています。その様な状況の中で国際的な競争力を高めるためには、それぞれ文化や価値観が異なる現地外国人を本社の経営理念の元に統合し、パフォーマンスを最大化する必要があり、多様性に対応できる人事制度が必要不可欠なのです。

グローバル人事制度はどのように構築すべきか

採用を始め、適正な評価、人材育成などの人事制度を、グローバル規模で統一するための多様性を持った人事制度を作ることは、簡単なものではありません。グローバル展開の状況や企業規模にあわせ、適切に構築を進める必要があるでしょう。

既にグローバル展開している大手企業の場合

事業の海外展開が既に進んでおり、リソースも潤沢な大手企業の場合には、人事制度全体を見渡し、一元管理することが重要な課題になります。そのためには、指針となる経営理念とグローバル事業戦略を明確に、それに基づいて人事管理プラットフォームを構築することで、グローバル人事が実現できるでしょう。

これからグローバル展開を行う中小企業の場合

今後のグローバル展開を見据えている中小企業は、大手企業と同じ方法でグローバル人事制度を構築するのは、オススメできません。限られたリソースの中で効果的に国際的な競争力を高めるためには、まずは日本で外国人を採用・教育し、海外展開のためのコアメンバーを作るなど、優先度の高いものから徐々に進めるのがいいかもしれません。

また、無理に全世界共通の人事制度を作らず、まずは各国に最適化された人材マネジメントを行い、各拠点がしっかりと機能するように働きかけていくのもオススメです。

まとめ:状況に合わせた適切な人事制度の構築が重要

世界統一の人事基準を設けるグローバル人事制度は、グローバル化が進む中では非常に重要なものです。しかし、必ずしも全ての企業が徹底的に多様化された幅広い人事制度を導入する必要はありません。事業形態に合わせて、グローバル人事戦略は変わってきます。まずは、会社・現地組織の状況に合わせた人事制度を検討してみてください。

▼タレントハブでは外国人・エンジニア採用を支援しています。

外国人エンジニア採用サービスへ

関連記事

  1. 採用活動を始めたが、応募者の確保が難しいと感じている人事担当者たち

    人事向けコラム

    採用が難しい!上手くいかない理由と会社を知ってもらう方法をご紹介

    採用が難しくなり、優秀な人材の確保の難易度が上がっていることは、現場の…

  2. グローバルエンジニアも働くオフィス環境

    人事向けコラム

    グローバルエンジニアも納得させたい!労働環境を整えて外国人採用を進めるためには

    IT業界ではより良いサービスを提供するために、エンジニアが働きやすい環…

  3. 人事向けコラム

    メンター制度の事例3社。組織を強くする各社の取組みとは

    新入社員の受け入れ体制として、OJTやシスター・ブラザー制度、メンター…

  4. 人事向けコラム

    採用オウンドメディアを成功させよう。メリットや導入事例3選

    採用オウンドメディアとは何かご存じですか?求人媒体や求人広告に頼らない…

  5. 人事向けコラム

    採用ブランディングとは?差別化とミスマッチ防止で人材を獲得

    求人倍率が上がる中、以前より母集団形成がしにくい、内定を出しても辞退者…

  6. 国会議事堂

    人事向けコラム

    【改正入管法の施行で何が変わる?】概要と論点を解説

    国会で施行が決定された「改正入管法」。この改正によって国内の労働環境、…

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 採用ナレッジ

    採用には戦略が必須!同業他社に欲しい人材が流れない採用を
  2. 外国人採用ノウハウ

    外国人社員が帰国する場合の年末調整。チェックポイントと手続き
  3. セミナーに参加する外国人エンジニア

    外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアを教育したい!6つの手法とポイントを紹介します
  4. 中小企業にきた外国人エンジニア

    外国人採用ノウハウ

    中小企業こそ外国人採用をすべき!その3つの理由とは
  5. 採用ナレッジ

    システムエンジニアの評価シートづくり。意欲を上げて育成しよう
PAGE TOP