Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

人事向けコラム

【初心者~経験者】エンジニア研修で人材育成できるサービス会社3選

未経験エンジニア、経験のあるエンジニアを採用したあと、今後の事業展開やスキルアップのために研修を受けさせようと考えている企業様はいるでしょう。しかし、社内に講師となる人材やリソースがなければ、外部の研修サービスを頼らざるを得ません。今回は、エンジニア研修を行うサービス会社についてご紹介していきます。

エンジニア研修で育成しよう

IT業界は、年々IT製品やサービス開発や維持の需要が高まっているものの、その需要に追い付けずエンジニアが全体的に不足している状況です。そのため、即戦力となるエンジニアは求人サイトになかなか現れず、採用は困難を極めています。

そのような状況から、企業としてできることは、プログラミングの経験やスキルのない新入社員をエンジニアとして育成することにあります。経験者がいない企業の場合、外部の研修サービスを利用することで未経験の社員を一定の質まで学ばせることができます。

そのような理由からも、研修機関の利用は基礎をしっかりと抑えるための有効的な手段になることでしょう。それでは、エンジニアの研修機関となるサービス会社3社を紹介します。

NEC:若手ITエンジニア向け

まず、若手ITエンジニア向けの研修機関となるサービス会社「NEC」の紹介をしましょう。
NECマネジメントパートナーでは、ITの学習を体系立てて学ぶ機会がなかった初心者を対象にした研修コースが用意されています。知識や技術力のない新人でも、安心して基礎となる教育を受けられます。

カリキュラムはIT入門から始まり、IT基礎となるシステム構築(データベース、ネットワーク、セキュリティ)や、業務に活かせるシステム開発の技術を習得まで学べるので、新人研修の一環として利用するといいでしょう。また、eラーニングコースのため、インターネット環境があれば学べる研修サービスです。

NECマネジメントパートナー ラーニング事業サイト

ラーニングエージェンシー:IT CAMPUS

初心者から経験者向けのIT人材を育成する研修サービス会社「IT CAMPUS」の紹介です。IT技術実践研修、IT技術速習研修、資格取得支援サービス3つのコースが選べます。コースがわかれているので、初心者はもちろん、経験者といえどもまだ技術面に不安があったり資格取得を目指しているなど、個々のスキルやフェーズに応じた研修が受けられるでしょう。

IT CAMPUSは、オンライン動画受講や会場で開催する研修が用意されています。また、研修内容により、受講の手続きや受講方法も異なるため事前に確認が必要です。

株式会社ラーニングエージェンシー

リナックスアカデミー

最後に紹介するリナックスアカデミーは、研修期間が終了してから1年間、受講生に空き教室を開放利用できる研修サービスになります。

リナックスアカデミーは、企業の新卒社員をはじめとする全くの未経験者でもIT技術を習得できるようにカリキュラムを構成しています。
リナックスアカデミーで受講できる内容は以下の通りです。

  • Linuxサーバ・ネットワーク研修
  • Javaプログラミング研修
  • PHPプログラミング研修
  • Web制作・JavaScript研修
  • CCNA資格対策研修
  • LPIC資格対策研修

尚、リナックスアカデミーでは中途採用社員向けの研修や、一社研修のサービスにも対応しています。

リナックスアカデミー

まとめ

いかがでしたか?ITエンジニア向けの研修サービス選びのヒントになったことでしょう。
ソフトウェア開発の技術力のある人材がなかなか集められない状況と、企業に講師となる人材が不足している場合は、外部の研修サービス会社を選択することがおすすめです。

また、研修サービスを受けても受講者が、平等にスキルを上げられるかはわかりません。
そのため、補足として会社側のフォロー体制も必要です。研修を開催することを機に、一人ひとりの適正やスキルをみて補填できるような勉強会もひらくことをおすすめします。

即戦力がどうしてもほしい!という場合は外国人エンジニア採用もご検討ください。

▼タレントハブでは外国人・エンジニア採用を支援しています。

外国人エンジニア採用をご検討中の方はこちら

▼こちらのコラムもよく読まれています【人事・採用担当者様向け】



関連記事

  1. 人事向けコラム

    外国人人材の紹介会社3選。利用ポイントをおさえて優秀な人材を

    4月から入管法が改正され外国人の求職者を雇用しやすくなりますが、外国人…

  2. 国会議事堂

    人事向けコラム

    【改正入管法の施行で何が変わる?】概要と論点を解説

    国会で施行が決定された「改正入管法」。この改正によって国内の労働環境、…

  3. 人事向けコラム

    採用後の必要書類と手続き。外国人のケースも紹介

    採用に必要な書類は、入社前、入社時、入社後の3つの段階で異なります。ま…

  4. 人事向けコラム

    一歩先の採用計画へ。“人財”を確保するためのポイント

    事業を成長させるためには採用計画に基づいた採用活動が必要です。ベンチャ…

  5. 人事向けコラム

    エンジニアの需要予測。2020年問題と人材獲得について

    求人情報を出してもエンジニアが集まらない…。さらに、IT業界の成長はと…

  6. 採用活動を始めたが、応募者の確保が難しいと感じている人事担当者たち

    人事向けコラム

    採用が難しい!上手くいかない理由と会社を知ってもらう方法をご紹介

    採用が難しくなり、優秀な人材の確保の難易度が上がっていることは、現場の…

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 外国人エンジニアと一緒に新たな採用チャネルを模索中

    外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアの確保は採用チャネルが肝!主な採用手法を紹介
  2. 人事向けコラム

    【人事必見】外国人採用のメリット。受け入れ体制を整えておこう
  3. 人事向けコラム

    需要が高まるIoTエンジニア。どうやって採用したらいい?
  4. 人事向けコラム

    採用活動には社内の協力が必須!取り組むべき項目を紹介
  5. 外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアの採用費はいくら?相場感を踏まえた今後の展望について
PAGE TOP