Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

人事向けコラム

エンジニアの需要予測。2020年問題と人材獲得について

求人情報を出してもエンジニアが集まらない…。さらに、IT業界の成長はとどまるところを知らない一方で、2020年問題に代表される労働人口の減少やエンジニア不足は深刻な課題である、というのが業界全体の共通認識です。

そこで本記事では、IT人材市場の動向をもとにエンジニアの需要について考え、今後ニーズが高まる見込みがあるエンジニア職を種類別に解説します。また、エンジニアの確保の手段として視野に入れたい外国人採用についても、簡単にご紹介します。

今後のエンジニアの需要

エンジニアの需要は高い水準を推移しています。背景にあるのはIT技術者の人材不足です。経済産業省によると、IT人材の供給数は2019年にピークを迎えた後は減少に転じ、2030年にはエンジニア不足数は59万人に上ると推計されています。

人材不足の背景にあるのは、少子高齢化に伴う労働人口の減少や、2020年に経験豊富な団塊世代のエンジニアが一斉退職すると言われる「2020年問題」です。特にビッグデータ・AI・IoT・AR/VRなどの成長分野では人手不足が今後ますます深刻になり、エンジニアの需要が高まると予測されています。

参照:経済産業省『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』

▼需要とあわせて読みたい「エンジニア人口の推移」についてはこちらからどうぞ。

需要が見込まれるエンジニア

ITエンジニアと言っても、専門分野やスキルによって職種は細分化されます。ここでは、今後需要が見込まれるエンジニアを職種別に見ていきましょう。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、クラウド環境の設計・構築や、クラウドに関わるサーバー・ネットワークの保守運用を行います。今後も需要の増加が見込まれる職種の1つです。
クラウドとは、データ・アプリケーションなどのITリソースの利用を、インターネット経由で可能にしたコンピューティング概念です。身近な例として、WebメールやGoogleドライブなどがあります。

クラウド導入によってIT資産や開発コストが削減され、開発期間も短縮されることから、クラウドへ移行する企業は増加しており、クラウド化に対応できるエンジニアの需要も高まっているのです。

機械学習エンジニア

機械学習エンジニアとは、AI(人工知能)の設計や開発に特化したエンジニアを指します。まだまだ希少価値が高く、今後需要が増えることが予想される職種です。

自動車の自動運転システムやロボット技術などがAIの用途として有名ですが、ECサイトのレコメンド機能やSNS上の投稿の自動収集など、ソフト面でもAIが活用されています。そのほかにも、AIとロボット技術を組み合わせて、製造・物流・建設・農業・介護・サービス業など様々な業種での人手不足の解消も期待されています。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークを含むITインフラの設計・構築・保守・運用を行うエンジニアです。サーバー、ミドルウェア、ネットワーク、クラウド環境などのシステムの上流工程を扱うため、必要スキルはハードウェアやネットワークに限らず、ソフトウェアや開発言語など多岐にわたります
クラウド化の普及により、自社内にサーバー機器を設置するオンプレミス型は減りつつありますが、クラウドに対応できるネットワークエンジニアの需要は根強いです。

外国人エンジニアの採用も視野に

エンジニア不足の解決策として注目されているのが、外国人エンジニアです。既に外国人エンジニアの採用に積極的な企業も増加しています。

海外では初等・中等教育からプログラミングが必修科目に取り入れられ、エンジニアを育てる教育環境が整備された国があります。

ところが、国内の就職難や激しい競争社会で活躍の場を見出すのが難しい海外のエンジニア達は、日本のIT産業に注目しています。
こういった外国人エンジニアの採用も視野に入れれば、国内のエンジニアの供給不足の解消になるだけでなく、会社の資産である「ヒト」を増強できるでしょう。知識量、技術力に秀でた人材獲得を目指しましょう。

外国人エンジニア採用をご検討中の方はこちら

まとめ

今回は、エンジニアの需要の展望や特にニーズがある職種、そして人材不足を補う手段としての外国人採用をご紹介しました。2020年問題を迎える国内の労働環境も踏まえて、将来を見据えたエンジニア採用や育成を行いましょう。

外国人エンジニア採用をご検討中の方はこちら

▼エンジニア採用に関する人気記事はこちら。

関連記事

  1. 人事向けコラム

    新卒・中途・外国人の採用時期はいつが良い?市場や動向を把握しよう

    今まで採用市場では新卒採用と中途採用が活発になる時期が異なっていました…

  2. 人事向けコラム

    一歩先の採用計画へ。“人財”を確保するためのポイント

    事業を成長させるためには採用計画に基づいた採用活動が必要です。ベンチャ…

  3. 人事向けコラム

    需要が高まるIoTエンジニア。どうやって採用したらいい?

    IT業界のなかでも近年爆発的に需要が増加したIoT。家電として普及して…

  4. エンジニアの単価相場を調整して、無事契約になった商談

    人事向けコラム

    エンジニアの単価相場は〇〇万円。変動する要因と優秀な人材を確保するためには

    エンジニアを採用したいけれど求める人材が見つからない、エンジニアの希望…

  5. 人事向けコラム

    外国人が受ける特定技能評価試験とは?試験内容やレベルについて

    国内の労働力供給不足に対応すべく新たに導入された在留資格の「特定技能」…

  6. タスクを整理する女性

    人事向けコラム

    エンジニアなら知っていて当然?タスク管理の方法と便利ツール5選

    依頼からプロジェクト達成までスケジュールを立て、タスクごとに作業を行っ…

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 人事向けコラム

    グローバル人事とは?概要と制度構築のポイントを解説
  2. 外国人採用ノウハウ

    グローバル人事戦略は何から始めるの?大手企業の取り組みも合わせて解説
  3. 外国人エンジニアと一緒に新たな採用チャネルを模索中

    外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアの確保は採用チャネルが肝!主な採用手法を紹介
  4. 外国人採用ノウハウ

    【人事必見】エンジニア面接の質問の重要性と聞いておきたい項目5選
  5. 採用ナレッジ

    採用における内定通知書とは。送付タイミングや外国人のケースを紹介
PAGE TOP