Talenthubジャーナル

- 外国人エンジニア採用を応援する人事系メディア -

人事向けコラム

ダイレクトリクルーティングとは?採用力を高める手法を知る

国内における採用活動の場で、ダイレクトリクルーティングという採用方法が浸透してきています。企業が直接求職者へアプローチする方法で、国内のみならず外国人社員をスピーディに確保するために有効な方法です。ここでは、ダイレクトリクルーティングとは何か、人事担当者が行うべき準備をご紹介します。

ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングとは、企業が直接求職者にアプローチをかける“攻め”の採用手法です。海外ではすでに行われているところも多く、日本企業での導入も活発化してきています。

ダイレクトリクルーティングで使われるチャネルは、主に人材データベースFacebookLinkedInTwitterなどのSNSや採用広告が活用されています。
これらのチャネルを使用して、求職者と直接連絡をとったりリアルイベントを開催して接触したりすることができます。

なぜ今増えているのか

増加傾向にあるダイレクトリクルーティングですが、なぜ今増えているのでしょうか。その背景を見ていきましょう。

日本では、人口減少による人材不足が深刻化し、多くの企業にとって今後も人材確保が大きな課題となっています。採用市場は常に売り手市場が続いており、人材の獲得競争が激しさを増しています。

その状況下から、従来の人材紹介会社や求人票に依存した「待ち」の採用活動では、スピーディに良い人材を採用することが難しくなっているのです。また、この状況を受けて日本でもダイレクトリクルーティングのサービス提供会社が増えており、この採用方法が広がった一因となっているようです。

ダイレクトリクルーティングのメリット

ダイレクトリクルーティングのメリットは、主に以下のようなことが挙げられます。

採用スピードの向上

ダイレクトリクルーティングでは、採用側の担当者やリクルーターが、直接求職者と密につながります。応募を「待つ」のではなく、積極的に働きかけていくため求職者をスピーディに発掘・採用することができます。また、企業が採用サイトで長期的にアプローチすることで潜在層の転職意欲を顕在化させ採用候補者を増やすことにもつながります。

採用コストの削減

ダイレクトリクルーティングで採用に持ち込めれば、仲介会社や求人広告にかける費用も不要となり、採用コストを削減できる可能性があります。海外人材には馴染みのある手法ですから、外国人採用を視野に入れている場合には大いに役立つでしょう。

ただし、ダイレクトリクルーティングの開始直後は、人材探しやメールの作成などで人事・採用担当者に負担がかかることも否めません。基盤ができ、採用フローに慣れ、安定した採用効果が得られるまでの間には、採用フローの改善が続くことが予想されます。

人事が行うべき準備とは

ダイレクトリクルーティングを行っていく上で、人事にはどのような業務が必要とされるのでしょうか。

現状の業務改善

ダイレクトリクルーティングを行うために、まず現状の人事部の業務量やフローを見直して効率化を図ります。新しいことを始めると、最初は不慣れなこともあって時間がかかるものです。通常業務に加えてダイレクトリクルーティングも行えるよう、工数の見直しをしましょう。また、必要であれば他部署の協力も仰いで社内全体で取り組めるとスムーズです。

採用計画を立てる

直接といっても闇雲にアプローチしていくのは得策ではありません。
まずは、採用計画をしっかり立てることが大切です。今後の事業展開に沿ったものか、欠員を埋めるためのものなか。また、理想の入社タイミングに対してどれくらい前から応募開始すれば良いのかなど大枠の計画を立てましょう。

採用ターゲットを明確にする

求める人材は新卒、中途、外国人なのか、またスキルや経験を明確にします。そのうえで、理想の人材が登録していそうな人材データベースやプラットホームでスカウトをかけていきます。ダイレクトリクルーティングにおけるコンタクトツールとしてはSNSが便利ですが、その場合は企業アカウントの開設が必要です。

まとめ

まずはダイレクトリクルーティングの専任担当者を1名決めるところから始めるとスムーズに進むことが多いようです。ダイレクトリクルーティングでは接触ポイントとなるチャネルは様々なものがあるため、欲しい人材に情報を届けられるか、接触しやすいかを基準にして、実現性のあるものから着手していくことをおすすめします。
▼タレントハブでは外国人・エンジニア採用を支援しています。

外国人エンジニア採用のサービスページへ

関連記事

  1. 人事向けコラム

    採用こそデータ分析が必要! メリットやデータの活用例を紹介

    採用活動では複数求人媒体への掲載に加え、求職者への広報活動やメールでの…

  2. 人事向けコラム

    外国人人材の紹介会社3選。利用ポイントをおさえて優秀な人材を

    4月から入管法が改正され外国人の求職者を雇用しやすくなりますが、外国人…

  3. 人事向けコラム

    外国人雇用でも年金手帳の確認を。番号の調べ方や加入の手続きについて

    人事担当者の素朴な疑問の1つとして挙げられるのが、外国人を雇用する時、…

  4. 人事向けコラム

    実例で紹介!外国人エンジニアに起こった年金に関する問題

    日本の年金制度は非常に複雑で、日本人でもあまり理解していないという人は…

  5. 人事向けコラム

    メンター制度のデメリット・メリットは?導入前に知っておきたいこと

    メンター制度は、新入社員や若手の離職防止策として導入されている社内体制…

  6. 人事向けコラム

    エンジニアの開発環境は大丈夫?定着させるための改善ポイント

    エンジニアの定着率アップさせ、長く働いてもらいたい希望はあるものの、具…

Service

About


Talenthubジャーナル編集部
日本のエンジニア不足を高度外国人人材の活用を促進することで緩和させ、日本国内で就業するエンジニアを増やすことで、日本のIT業界の発展とグローバル化に貢献していきます。

  1. 人事向けコラム

    一歩先の採用計画へ。“人財”を確保するためのポイント
  2. セミナーに参加する外国人エンジニア

    外国人採用ノウハウ

    外国人エンジニアを教育したい!6つの手法とポイントを紹介します
  3. 採用ナレッジ

    採用には戦略が必須!同業他社に欲しい人材が流れない採用を
  4. 外国人採用ノウハウ

    【外国人エンジニア採用のポイント】企業ができる工夫とは?
  5. 採用ナレッジ

    新卒・中途採用にかかるコストはどれくらい?削減方法も紹介
PAGE TOP